不動産売却の仲介手数料は減額が出来る?

運営者

不動産を売却する際、ほとんどの方は仲介手数料を支払っています。法律上定められた上限いっぱいに設定している不動産会社が大半なので、売却価格によっては、想像以上に高額の手数料を支払うことになるといいます。もちろん売却後の利益を減らす要因になるので、出来れば支払いたくないところですが、仲介手数料の減額は出来るのでしょうか。

仲介手数料は不動産を売るときに必ず支払うものというわけではありません。
あくまでも不動産会社に売却の仲介を頼んだことで発生する手数料なので、手数料の支払いが必要ない売却方法を選択すればよいわけです。
仲介手数料例えば個人間で売却を行うなら、不動産会社が介入する要素は無いので、仲介手数料も不要になります。
また不動産会社の中には、仲介手数料無料を謳っているところもあり、そちらに依頼すれば仲介手数料を支払わずに済みます

仲介手数料を支払わずに済む方法はいくつかありますが、その場合売却が滞ることがあります。仲介人がいなければ売り手が現れないこともありますし、個人間の取引は法律トラブルなどが発生しやすいからです。

その為、仲介手数料を支払ってでも、専門知識が豊富で買い手が集まりやすい不動産会社に依頼したほうが、より確実に不動産を売却できるとされています。

家を売る際の仲介手数料について

運営者

家を売る際にかかる費用の中で、特に高額なのが、仲介手数料です。
仲介手数料は、法律で上限が定められており、

  • 200万円以下の物件であれば、売買価格×5%+税
  • 200万~400万円の物件であれば、売買価格×4%+2万円+税
  • 400万円以上の物件であれば、売買価格×3%+6万円+税

となっています。

仲介手数料この金額はあくまで上限金額であり、本来であれば上限金額までの間でいくら支払うかを協議して決めるのですが、不動産業界の慣例により、ほぼ全ての不動産業者が一律で上限いっぱいの仲介手数料を取っているというのが現状です。
仲介手数料イコール法律における上限と思っておいた方がいいでしょう。

この仲介手数料ですが、物件を売却する際だけでなく、購入する際にも発生します。こちらの上限金額も売却の際のものと同じで、実際の仲介手数料が一律で上限いっぱいである点もほぼ同様となっています。

1社で売主と買主の両方から仲介手数料を得ることを両手仲介といいます。以前は、両手仲介が基本でしたが、近年では、両手仲介に批判的な意見も多いことから、両手仲介を行なわない業者や、行なった場合は仲介手数料を半額にするといった企業も出てきており、仲介手数料の相場に変化が現れつつあります。


参照ページ↓

不動産仲介手数料の真実|費用はいくらかかるの?支払い方法は? | 高く家を売る研究
家を売る際の仲介手数料について参照させていただきました。

関連ページ↓

不動産売却の仲介手数料は減額が出来る?

家を売る際の諸費用

運営者

近年、人の寿命が延びてきたこともあり、一度家を買ったらそれっきりではなく、住み替えを行なう世帯が増えてきています。ローンを完済してから住み替える世帯もありますが、ローンがまだ残っており、家の売却によって、ローンを完済し、住み替えをする世帯も多くあります。

費用ここで、注意しなければならないのが、売却額とローン残高が同じ場合は赤字になるということです。
一見、差し引きゼロに見えるかも知れませんが、家を売る際にかかる費用というものがあり、ローンと、とんとんの売却では、その分が赤字となってしまいます。

具体的にどのような費用がかかるかというと、

  • 売買契約書に貼る印紙税
  • 仲介手数料
  • 抵当権抹消登記費用
  • 事務手数料
  • 譲渡益課税

などがかかります。
この中で、仲介手数料以外は、一般的な家を売る場合であれば、合わせて数万円程度で済みますが、仲介手数料は無視できないほど高く、少なくともローン+仲介手数料が支払える程度の額で家をしないと後々、苦しくなってきてしまいます。
売りたい値段で必ず売れるわけではありませんが、値下げ交渉なども往々にして行なわれるため、下回っては困るラインとして意識することは大切です。

また、不動産業者に任せておく分には、業者側の経費は仲介手数料に含まれているため問題ありませんが、こちらからの依頼で、新聞に広告を出して欲しいなどの、高額かつ本来は行なわない方法を用いた場合は、その分は、仲介手数料とは別に、依頼者が支払う必要があるため注意が必要です。

Top