家を売る際の仲介手数料について

運営者

家を売る際にかかる費用の中で、特に高額なのが、仲介手数料です。
仲介手数料は、法律で上限が定められており、

  • 200万円以下の物件であれば、売買価格×5%+税
  • 200万~400万円の物件であれば、売買価格×4%+2万円+税
  • 400万円以上の物件であれば、売買価格×3%+6万円+税

となっています。

仲介手数料この金額はあくまで上限金額であり、本来であれば上限金額までの間でいくら支払うかを協議して決めるのですが、不動産業界の慣例により、ほぼ全ての不動産業者が一律で上限いっぱいの仲介手数料を取っているというのが現状です。
仲介手数料イコール法律における上限と思っておいた方がいいでしょう。

この仲介手数料ですが、物件を売却する際だけでなく、購入する際にも発生します。こちらの上限金額も売却の際のものと同じで、実際の仲介手数料が一律で上限いっぱいである点もほぼ同様となっています。

1社で売主と買主の両方から仲介手数料を得ることを両手仲介といいます。以前は、両手仲介が基本でしたが、近年では、両手仲介に批判的な意見も多いことから、両手仲介を行なわない業者や、行なった場合は仲介手数料を半額にするといった企業も出てきており、仲介手数料の相場に変化が現れつつあります。


参照ページ↓

不動産仲介手数料の真実|費用はいくらかかるの?支払い方法は? | 高く家を売る研究
家を売る際の仲介手数料について参照させていただきました。

関連ページ↓

不動産売却の仲介手数料は減額が出来る?

Top